fc2ブログ

AIジジイの囁き

AIジジイの日々の想いや感じたことを囁き綴る、ゆる~いブログです

 

The Book Of Souls 3


Category: HARD ROCK   Tags: ---
全然気づかなかったですし
意図してもいなかったのですが
前回のThe Book Of Souls 2のブログが
HARD ROCKカテゴリの100本目でした
やっぱりIRON MAIDENと私には
何か目に見えない繋がりがあるのかな
何て思ってしまいました

と言う前置きは置いときまして
前回の続き、2枚目の感想を書きたいと思います

1曲目(全体7曲目):DEATH OR GLORY
ノリの良いイントロで始まるアップテンポの曲
今作の中では直球って感じの曲で、すんなり耳に入ってきます
サビも耳に残ります、ブルースも頑張ってます
余談ですが、他の方が書かれている感想で
この曲のイントロ部分が "ドラえもん(旧)" のイントロに
酷似していると有ったのですが、私は解りませんでした

2曲目(全体8曲目):SHADOWS OF THE VALLEY
"WESTED YEARSかー!" と思わず突っ込みを入れたくなる
イントロで幕開けます
BRAVE NEW WORLD以降のアルバムでよく聞くタイプの
曲だと思います
でも、サビの歌メロは頭に残り思わず歌っちゃいます

3曲目(全体9曲目):TEARS OF CLOWN
亡くなられた俳優 "ロビン・ウイリアムス に宛てた曲だそうです
オーソドックスなメイデン曲ですが
和訳の歌詞を読みながら聞くと、グッっときます

4曲目(全体10曲目):THE MAN OF SORROWS
次の曲が超大作なので、わざと抑えたのか
今回のアルバムの中ではあまり印象に残らない曲です
この曲は省いても良かったかなと思います

5曲目(全体11曲目):EMPIRE OF THE CLOUDS
今作のラストの曲にして、ハイライト曲
18分越えの超大作です
メイデンの曲では今までに無かった
ピアノからのオープニング、完全に意表を突かれ
そして、心を揺さぶられます
長めのイントロから、ブルースが静かに歌いだします
前半は静かに流れるのですが、徐々に徐々に盛り上がっていき
サビでは軽快にアップテンポになります
ブルースのハイトーンがここでも少し気になりますが
曲はハイライトをむかえ、そして再び静かになり幕を閉じます
長い曲ながら、起承転結がしっかりしていて
曲に引き込まれます
聞いていると目の前に情景が浮かび上がってきます
私はアップテンポになる所で
目の前に広がっていた厚い雲が、パッと開きそこから
明るい光が差し込む、そんな情景が脳裏にうつりました(表現が難しい)
メイデンらしからぬ曲、でもメイデンにしか出来ない曲
何となく、ブルースのソロ曲 "TEARS OF THE DRAGON" に
雰囲気が似ている気がします
間違い無く、メイデン史上に残る名曲だと私は思います

流石に2枚組のアルバム、聞きごたえがあります
そして、集中力が必要です
でも最後まで通して聞くと、感動と満足感が私は残りました
メイデンのアルバムでは久しく無かった感覚です
また、2枚組にしたのも正解だったとのではと思います
これもまた久しく無かった感じなんですが
レコードのA面の後に早く聞きたいのですが
B面に裏返さなくてはいけない、嬉しいもどかしさが
今作もディスクの入れ替えの時に発生し
"昔レコードを聞く時はこうだったよな" なんて懐かしく思いした
意図したのかは解りませんが、2枚組の意外な効果の様な気がします

新譜を聞いて、メイデンを諦めなくて良かったとつくづく思います
こうなったら一生聞き続けるだろうな、何て思います
              (BGM:IRON MAIDEN:IRON MAIDEN)
----(本日の写真)----
インディア177補正2
スポンサーサイト




Comments

Leave a Comment



05 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

04

06


 
プロフィール

AIジジイ

Author:AIジジイ
恐竜好き・写真好き・むし好き・ヘビメタ好き・
本好き・映画好き・酒好きのジジイです
好きな事を、思いついいたまま囁き
撮りためていた写真を掲載致します

 
 
 
 
ご訪問者
 
アーカイブ

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login