FC2ブログ

AIジジイの囁き

AIジジイの日々の想いや感じたことを囁き綴る、ゆる~いブログです

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真展 "木村伊兵衛 パリ残像"


Category: 写真   Tags: ---
春風亭一之輔師匠の独演会を観た後に
"木村伊兵衛 パリ残像" と言う写真展を観に行きました

"木村伊兵衛" 写真を志した者は
絶対に知っている、日本近代写真の父と言える写真家です

今回の写真展は、開発されたばかりのフジクロームで
撮影された、色鮮やかなパリの情景が写し出されていました
昨今のデジカメの方が、微細に鮮やかに
情景を写せると思うのですが
この写真展にあった写真はどれも
鮮やかで艶のある色彩を放っていて
どんなに画素数の多い写真よりも、そこにある情景を
切り取っていました

チョット余談です、この写真展で当時使っていた
カメラとフィルムの同じ型の物が展示してあったのですが
そのフィルムのデータの中に
"ASA0" "ASA10" と記載されていました
こんな低感度のフィルムを使っていたのですね
※ASA感度とは、フイルムの光を感知する値、数字が大きければ光量が少なくても写る
 ASAerican Standards Association、アメリカが主導して作ったフィルムの表記方法


だいたいが1955年頃の写真でした
パリの様々な場所で、様々な情景が写されていました
私の木村伊兵衛のイメージは、モノクロでした
なので今回のオールカラーの写真展は、チョットした衝撃であったと共に
モノクロの時に抱いていた "艶めかしい写真" と言う
変わらぬ個性も守っていた事にも驚きました

10代、20代の頃、様々な興味の中の中心近くに
写真がありました
年齢を重ねていく毎に、シャッターを押す回数も減り
写真は興味の中心からズレてしまいました
しかし、今回の写真展を観ていくうちに
やっぱり私は写真が好きなんだな
と言う思いがこみ上げてきました
若い時の様な完成は無くなりましたが
今年は今まで以上に写真撮ってみようと思います

なんて言う事を思いかえさせてくれた
木村伊兵衛は
やはり、写真の父何でしょうね
                          (BGM:AVANTASIA:Draconian Love)
----(本日の写真)----
福岡6
スポンサーサイト


Comments

だー!
ASA 0
!Σ(×_×;)!

そんなフィルムがあることすら知らなかったよ。

ところでそれ35mm?
 
Re: タイトルなし
Shiba Z様

すみません、間違っていました
"ASA10です"
訂正しておきます

35mmでした
 

Leave a Comment



12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

11

01


 
プロフィール

AIジジイ

Author:AIジジイ
恐竜好き・写真好き・むし好き・ヘビメタ好き・
本好き・映画好き・酒好きのジジイです
好きな事を、思いついいたまま囁き
撮りためていた写真を掲載致します

 
 
 
 
ご訪問者
 
アーカイブ

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。