fc2ブログ

AIジジイの囁き

AIジジイの日々の想いや感じたことを囁き綴る、ゆる~いブログです

 

GO TO INDIA -No,25 インド編 (車中にて)-


Category:   Tags: ---
予想はしていたが、案の定私の乗る列車は
定刻よりかなり遅れて出発した
次の目的地 "プリー" までは約10時間
洒落た列車旅を優雅に過ごそうと思っていましたが
なんせチープな旅、ましてや列車の等級も2等寝台
そんな状況が、優雅な旅なんて過ごさせてくれる訳も無く
辿り着いたチケット番号の座席には、見知らぬインド家族が座っていた
(後でわかる事なんですが、私の指定番号は席では無く
ベッドの番号、見知らぬインド家族が座っている座席の背もたれ
が就寝時に私のベッドになると言う仕組みでした)

列車内は超満員、おそらく座席指定を取って無い
もしくは、チケットすら持って無い人達も乗っていると思われる
そんな列車の中を、物売りの少年や青年や中年が闊歩する
まるで、カルカッタの街がそのまま車内に入った様な
暑さと喧騒が渦巻いていた

日本の常識が、旅行先では通用しない事が暫しありますが
インドと言う国では、日本の常識自体を忘れた方が良い
インド列車も、日本では考えられない事がある
日本では列車の、車両と車両の間は扉で繋がれていて
走行中でも別車両に移動できる
しかしインド列車は、車両間に扉が無く走行中は隣の車両に
移動する事が出来ない、もし間違って違う車両に乗り動き出してしまったら
次に停まる駅まで車両を移る事が出来ないと言う、大変な目にあってしまいます

多分に洩れず、この列車にも日本の常識が無かった
火を熾すまでは至らないが、車内の通路、床に食事を広げて食べたり
座る箇所が定められているのに、平気で違う場所に座る
挙句の果てには、網棚の上まで荷物では無く "人" で溢れていた

何とか窓際に席を確保でき、背負っていた荷物を下し座席に腰かける
周りは当たり前だが、インド人ばかり、何を喋っているかわからない
窓からは少し風が吹き込んでき、顔を撫で上げる
ここまで急ぎ足で駆け抜けて、疲弊感残る私の体には風が
心地よく染み渡る

走り出して暫く経つと
窓の外が暗くなり、帳が降りる
あれだけ騒がしかったインド人達も、徐々に静かになってくる
隣のインド人に促され、背もたれをベットへと変形させる
イスの背もたれがベッドになった簡素な物だけど
久々に足を延ばす事が出来、寝転がることが出来る
長かった1日の疲れが全身から抜けて行く感じがした

薄暗くなった車両と、列車の振動が
私を心地よい眠りの世界へと誘い始めると
瞼が緩み、私の瞳に写る世界がばやけはじめる
向いで横たわる、"インド人の足の裏" が
"大きく大きく" "セピア色に染まって" "目の前に迫り出してきた"
そんな感じで夢うつつの世界が広がっている私の脳裏には
これからの旅の期待と不安が綯交ぜになった感情が
現れて、消えて行く、そんな事を繰り返していた
やがて静かに眠りの渕に落ちて行ったのでした
                                   -つづく-
                          (BGM:UFO:Let It Roll)
----(本日の写真)----
インディア25補正
スポンサーサイト




Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
Re: まさに!
ほんと、あの異常な程の人の数
何もしないで、街にいるだけで
疲労が溜まるんだよね

そこがまた "クセ" になったり
するんだよね
 
もうね、最近南朝鮮の事調べまくってるんだけど、だんだん怒りを通り越して「バカだなやっぱり」
って思いだした。

世界で嫌われてる南朝鮮って聞くけど、「日本の報道がそうなんだろうなぁ」
と思ってた。

そしたら日本が20位から一位になったんだって、「あー、放射能バラまいたからなぁ」

と思ったら違った。

投票した人の国籍があかされたんだけど、64%が南朝鮮だって、あほくさ組織票だよまるで。
ちなみに日本からも28%らしいけど、こうなると在日朝鮮?って思うよ。

南朝鮮では海外でトラブルおこしたら日本人のふりしろって教わるんだ
って。
そこまでして日本を敵視するかね。

さすがファンビョン(~o~)

もう金貸さなくてもいいのに。
どうせヤツらなんもしてくんないよ。


返信は非公開でσ(^_^)のブログにでも。



 

Leave a Comment



05 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

04

06


 
プロフィール

AIジジイ

Author:AIジジイ
恐竜好き・写真好き・むし好き・ヘビメタ好き・
本好き・映画好き・酒好きのジジイです
好きな事を、思いついいたまま囁き
撮りためていた写真を掲載致します

 
 
 
 
ご訪問者
 
アーカイブ

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login