fc2ブログ

AIジジイの囁き

AIジジイの日々の想いや感じたことを囁き綴る、ゆる~いブログです

 

深夜特急を再び読み始める


Category:   Tags: ---
以前に、 "沢木耕太郎" さん著書の "深夜特急"
について書いた事がありました

最近、沢木耕太郎全集の "第8集"
"ミッドナイトエクスプレス" を購入し、再び読み始めました
そこには "深夜特急" 全編と "深夜特急ノート" が載っています
百科事典の様な大きさなので、単行本のみたいに
手軽に持ち運びは出来ませんが、腰を据えてじっくり読むには最適です

再び読み始めたばかりなので、まだ "深夜特急" の序盤ですが、何度読んでも面白いです
私もインド旅行経験者、時代は違うが、作者がインドに旅した年齢と
同じ年齢で私もインドを旅しました
なので、シンクロする部分が多く、読んでいるうちに
自分が旅してる感覚に陥ります
旅した場所はかなり違うのですが、観た風景は似ていると思うので
私の脳裏に焼き付いた情景を呼び覚ましてくれます

主人公(作者)の唯一の目的 "カルカッタからロンドンまで、バスで旅をする"
一つの大きな主題があり、そこに枝葉の様に各土地での出来事が
綴られている
単純だが難しい旅を、優しくもあり力強い文章で書いてあり
旅をする、目的を果たす、この先何が待ち受けるのか
など読んでいる者をグイグイと主人公(作者)の世界に引きずり込む
展開は素晴らしいの一言です

それと、旅をする時に持っていく、 "大学ノート" に綴られた
思いついた事、走り書きや記録などをまとめた
"深夜特急ノート" なる物も同時に載っていて
私は、まだ読んでいないのですが(もしかしたら何処かでよんでいるかも?)
本編を読み終わった後に、どんな走り書きがあるのか
読むのを今から楽しみにしております

"旅" をテーマ-にした作品の中では極めて良い物だと私は思っています
紀行文では無く、私小説の究極形だとも思っています

今の自分に退屈している方には、是非お勧めです
                                           (BGM:AC/DC:Highway To Hell)
----(本日の写真)----
四145補正



スポンサーサイト




Comments

女優森光子が逝ってしまった。

たしか二~三年前まで舞台に立ってたと思うんだけど、
さすがに歳が歳だから、TVバラエティーなんかで見ると、あーもう婆ちゃんだなぁ。と思ってましたが、舞台の上に立っているときは、なんてゆう動きのキレ!(゚◇゚)
でんぐり返しはともかく、はつらつとしている。

森さんと黒柳徹子が若い頃話したらしいのだが、
『面白い事しようね!』

そのとうりだよー。

『おもしろきこともなきこの世を』

だよねー。

先頃の石原慎太郎もだけど、あの年齢であの情熱

頑張ろ……。











 
Re: タイトルなし
> 女優森光子が逝ってしまった。
>
> たしか二~三年前まで舞台に立ってたと思うんだけど、
> さすがに歳が歳だから、TVバラエティーなんかで見ると、あーもう婆ちゃんだなぁ。と思ってましたが、舞台の上に立っているときは、なんてゆう動きのキレ!(゚◇゚)
> でんぐり返しはともかく、はつらつとしている。
そうですね
あの年齢で、あれだけはっきり喋れて
活発なのは、驚異でした

> 森さんと黒柳徹子が若い頃話したらしいのだが、
> 『面白い事しようね!』
先日観に行った黒柳徹子さんの演劇でも
彼女は物凄く元気で
面白い事(好きな事)をしていました

> そのとうりだよー。
本当にその通り!

> 『おもしろきこともなきこの世を』
>
> だよねー。
だねぇー!

> 先頃の石原慎太郎もだけど、あの年齢であの情熱
>
> 頑張ろ……。
先輩達には負けてられませんね
 

Leave a Comment



05 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

04

06


 
プロフィール

AIジジイ

Author:AIジジイ
恐竜好き・写真好き・むし好き・ヘビメタ好き・
本好き・映画好き・酒好きのジジイです
好きな事を、思いついいたまま囁き
撮りためていた写真を掲載致します

 
 
 
 
ご訪問者
 
アーカイブ

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login