fc2ブログ

AIジジイの囁き

AIジジイの日々の想いや感じたことを囁き綴る、ゆる~いブログです

 

快傑ズバット


Category: ヒーロー   Tags: ---
以前から色々と書いていますが
私の子供の頃には、今では考えられない様な
設定、ストーリーを持った
特撮ヒーロー番組が、数多く放映されていました

その中でも異彩を放っていた特撮ヒーロー番組
"快傑ズバット"
を紹介したいと思います
とは言うものも、怪傑ズバットは特撮好きの中でも
隠れた名作として有名で、私と同年代の方なら
ご存知の方も沢山いらっしゃると思います

主人公 "早川 健 (宮内 洋) " は、さすらいの探偵
彼は "何でも日本一" の男
親友の科学者、飛鳥五郎の危機を助けるべく登場する
しかし、飛鳥五郎は何者かの手により射殺され
主人公の腕の中で息を引き取る
主人公、早川 健はその時 "親友の仇をとる" と心に誓う
と言うのが、最後まで貫き通される信念
しかし、"この話のどこが特撮ヒーロー物なんだ?" と言う
疑問がわくと思います
実はこの後、主人公は飛鳥五郎が開発中であった
宇宙探検用強化服 "ズバットスーツ" と飛行能力を持った
"ズバッカー" を自力で作ってしまいます (なんせ何でも日本一の男なもので)
そしてその、ズバットスーツを着て "怪傑ズバット" となり
親友を殺した相手を探す旅に出て、復讐をとげようとするのです

怪傑ズバットには、怪人や怪獣の類は出てこなくて
敵は、復讐の旅先に根付く暴力団やギャング
その組織のボスと、ボスを守る用心棒との戦いが
この番組のハイライトとなります
用心棒はいつも 『俺様は○○の達人だ!』 と言うのですが
ギターの音色と共にテンガロンハットを被った主人公が現れ
『ヒュ~、チッチッチ』 と言いながら、指をたて顔の前で振り
『お前の腕前は、日本で二番目だな』 と言う
すると用心棒が 『じゃ誰が日本一なんだ!』 と怒鳴ると
指で帽子の鍔を押し上げ『オレさ!』と言いながら自分を指差す
そして、用心棒の得意分野で用心棒を負かしてしまいます
(なんせ何でも日本一の男なもんで(笑))
その後の用心棒とボスとの戦いで、ズバットスーツを着
『ズバッと参上!ズバッと解決!
人呼んでさすらいのヒーロー! 快傑ズバァァァァット!!!』
と叫び戦います

ズバットの敵は生身の人間、なので戦ってもとどめを刺しません
勝利した後に 『飛鳥五郎を殺たのは貴様か!』 と問いただし
殺した犯人では無いとわかると
いったん気絶させ縛り上げ
"この者、○○と言う悪事に加担した者" なんて書いた大看板を
横に設置して、次へと旅立ちます

ズバットにもショッカーの様な "ダッカー" なる悪の組織が
存在するのですが、主人公もその存在を終盤まで気付きません
視聴者は "首領L" なるダッカーの首領が出てくるので
ダッカーの存在は知るのですが、主人公はその組織の事は知らず
復讐の旅を続けます

しかし視聴者も終盤まで首領Lが復讐の相手だと思っていたのですが
実はダッカーには、真の首領 "総統D" がいると言う驚きの事実が隠されていました

何とか総統Dを倒し復讐を遂げます
(番組では総統Dとの戦いのシーンは描かれておらず
ボロボロのズバットスーツを纏った主人公が
倒れている総統Dのマスクを剥がすシーンが描かれていました)
そして主人公は、親友の墓前に復讐の報告をし
再びさすらいの旅へ戻ります

主人公が復讐の旅をする、敵が生身の人間
その敵に主人公だけ強化スーツを着て戦うなど
突っ込みどころ満載の、特撮ヒーロー番組ですが
その強烈な個性の塊が、未だに私の心を掴んで離さないのも事実です
昭和のヒーロー物は奥が深いです
                 (BGM:MAKE-UP:RAINY ROAD)
----(本日の写真)----
名称未設定-39補正
スポンサーサイト




Comments

遅れてコメントすいません。
怪傑ズバットは私も大好きだったのでコメントせずにはいられないですw
昭和特撮ヒーローで一番印象に残った作品です。
帽子の指で上げる時
「ヒュ~♪チッチッチッ」
と唇の前で指を左右に振ってからニヤリと笑ってそのまま親指で自分を指すシーンで、
自分もニヤニヤと笑ってました。
しばらく友達相手にこのシーンをやってやったりして悦に入ってた頃がありますw
AIジジイ様のおっしゃるとおり突っ込みどころも満載で毎回楽しい作品でした。
早撃ち・居合い・トランプ・力自慢と色々な自称日本一の敵がいましたね。
懐かしいです。

それにしても、
悪人といえども生身の人間相手に強化スーツを着て容赦なく鞭を振り回すようなヒーローは歴代特撮ヒーローの中でも彼だけではないだろうか?
 
Re: タイトルなし
ys様
こんばんは

コメント有難うございます

『ヒュ~♪チッチッチッ』 からの
『オレさ!』 は最高ですね!

あ~! 鞭もってましたねぇ~!

仮面ライダーシリーズやゴレンジャーが終了して
正統派から実験へと変わって行った
あの当時の特撮ヒーロー番組
どうしようもない番組もありましたが
"怪傑ズバット" の様な秀逸な作品も
多数ありましたね
懐かしいですね~
 
宮内洋…
V3でアオレンジャーで早川健…私みたいな当時のガキは「首相の顔は知らなくても宮内さんの顔を知らなかったら非国民」だった気がします。
当時、東京12チャンネルで「アクマイザー3」とか「忍者キャプター」とかやってた時間帯に見てた記憶があります。この年になっても何も見ないで当時の主題歌を歌えるのって私だけではないですよね。
 
Re: 宮内洋…
地味JAM尊様
おはようございます

当時の男子は皆 "宮内洋" に憧れていた
と言っても過言ではありません(笑)

キャプターは微妙ですが
アクマイザー3は歌えます!
 

Leave a Comment



05 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

04

06


 
プロフィール

AIジジイ

Author:AIジジイ
恐竜好き・写真好き・むし好き・ヘビメタ好き・
本好き・映画好き・酒好きのジジイです
好きな事を、思いついいたまま囁き
撮りためていた写真を掲載致します

 
 
 
 
ご訪問者
 
アーカイブ

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login