fc2ブログ

AIジジイの囁き

AIジジイの日々の想いや感じたことを囁き綴る、ゆる~いブログです

 

戦艦大和


Category: 囁き   Tags: ---
私の友人のブログにプラモデルの事が書いてありました
ガンプラが136万円、宇宙戦艦ヤマトのプラモが
200万円で落札された (驚愕) 事や
宇宙戦艦ヤマトのプラモデルを息子と作る事などの
記事が書いてありました

そのブログを読んでいて思い出した事があったので
書きたいと思います

今から、うん十年前
私が中学生の頃、大阪市内から電車で3、40分位の
所謂、ベットタウンと呼ばれる、新興住宅地に住んでいました
そこは、山を切り崩し住宅を建てていて
私の住んでいた家の裏には、開発されていない山と
大きな溜池がありました
私は夏冬関係なくその山に入り、それぞれの季節で
それぞれの遊びをしていました
特に夏場の虫取りは最高の遊びで、クワガタの大きさを
友達と自慢し合いました
恐らくそんな遊びが今の私を作ってくれたのだと思います

そんな、山や池での遊んでいた私と友達が中2の頃だったと思います
お金持ちの友達Y君が、"戦艦大和のプラモデル" を作っていました
それもラジコンで操作すれば動かす事が可能なモデルでした
当時で1万円位したと思います、私やその他の友達は
羨ましくて涎を垂らしながら、Y君が作るのを眺めていました

Y君はお父さんに手伝って貰い何とか "戦艦大和" を完成させ
私達と一緒に溜池にて進水式を行う事になりました
電源を入れ、スクリュー回転、いざ池へ着水
"スー、サァー" 戦艦大和 は静かに滑る様に進んで行きました
Y君は満面の笑みを浮かべ、コントローラーを操作し始めました
私達 『スゲー!!』 『カッコイイー!』 等、感嘆の言葉を
口々に発しました
その言葉を聞き、Y君は更に目じりが下がりました
それから数分、私たちは戦艦大和の雄姿に酔いしれました

戦艦大和を堪能した私達は、この進水式を終了し帰ろうと思いました
Y君も帰るべく戦艦大和を岸に向け操縦していました、所が
『あれ、あれ、おかしい』 突然Y君が首をかしげ
"あれ、あれ" を連呼し出したのです
そして 『大和が進まへん!』 と満面の笑みが、半べそ顔に変化して
叫びました
その声を聞き、私達は一斉に戦艦大和を見ました
すると、惰性で少しづつ動いているのですが
明らかに先程より速度が遅くなり、今にも止まりそうでした
そして数秒後、とうとう戦艦大和は止まってしまいました
Y君は半べそから、号泣に変っていました

棒で引っかけようと思いましたが、届かず
そんな時にY君が
『石投げて、波を起こせばこっちに来るかも』 と言い出したので
私達は一斉に石を投下し始めました
波は起こり、戦艦大和は揺らりとこちらに漂い始めました
『やった!』 私達は喜び再び石を投下しました
すると
"ガゴンッ!"
誰が投げたか解りませんが、大きめの石が
戦艦大和の船首へ見事に命中しました
そして大破し大きく穴があき、内部へ水が浸入し始めました
私たちは顔面が蒼白になり、Y君は再び号泣しはじめました

"これはいかん" と私と数名は意を決し
Tシャツを脱ぎ、池へと入って行きました
今考えるととても危険な行為なのですが
その時は、戦艦大和の救出しか私達の頭の中にはありませんでした

何とか岸まで引き上げましたが、浸水のせいで
戦艦大和は動かなくなっていました

結局何が原因で止まってしまったのかはわかりませんでしたが
修復された戦艦大和は、2度と水に浮かぶ事はありませんでした

何だか長い文章になってしまいました
ふと蘇った子供の頃の思い出でした
                                              (BGM:GARY MOORE:Hiroshima)
----(本日の写真)----
SN3V0314補正B
スポンサーサイト




Comments

本物の戦艦大和も艦首は防護壁の外側なので弱点の一つです。

σ(^_^)の友人はUボートを作り、そのUボートは勝手に浮いたり潜ったりを繰り返すシステムだったんですが何度か潜ったり浮いたりを繰り返した後、最大深度を超えて二度と浮上する事はありませんでした。
∠( ̄- ̄)
 
Re: タイトルなし
Shiba-Z様
おはようございます

本物も艦首が弱点とは知りませんでした

さすが同い年、同じような経験をしているのですね
 

Leave a Comment



05 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

04

06


 
プロフィール

AIジジイ

Author:AIジジイ
恐竜好き・写真好き・むし好き・ヘビメタ好き・
本好き・映画好き・酒好きのジジイです
好きな事を、思いついいたまま囁き
撮りためていた写真を掲載致します

 
 
 
 
ご訪問者
 
アーカイブ

 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login